【ゲーム紹介】子猫をゴールに連れて行く狂気のゲーム【puss!】

恒例のゲーム紹介記事
最近ずっとさぼっていた気もするので、今日は重い腰を上げて記事を書くことを決意する。
最近腰痛気味だから、重い腰が余計にあげにくいので、本当のやれやれですわ・・・

じゅあ、書くなよって話なんだけども、動画にしてるけど記事を書いてない動画はハードディスクから消してないのよ。
つまり容量がそろそろヤバい事になっているってね。

で、今回紹介するゲームはこちら


一見サムネに騙されそうになるが、まずは落ち着いて欲しい
このゲームは子猫を餌にした凶悪なウイルスだ
人に寄っては、もう元の世界に戻ってこれないかもしれない。
なので、注意して画像を見て欲しい

そもそもこのゲームはどんなゲームなのかと言うと、ストアページに書いてる内容に何も間違いはない
子猫をクリックしてゴールまで連れて行くだけのシンプルなゲームなのだ
では、なぜ非常に危険なゲームなのかは、この先の説明を見れば理解できるだろう

それでは、ゲームの画像付き解説を始めようか

まずはゲームを起動する。
No-0000.png
挨拶とともに、謎の空欄が中央に表示されている。
よく見ると、猫と黒い出口みたいなものが表示されているじゃないか
そう、これはチュートリアルも兼ねている非常に効率的なタイトル画面なのだ

何かが変だと勘の良い者達は気付く
だが、購入してる段階で手遅れだ!さっさとゲームを開始しろ!!

No-0001.png
どうやらワールド1に入場したらしい

No-0002.png
これはステージ1-1
小さな子猫をドラッグしたまま、壁にぶつからずにゴールに導くシンプルなゲームで
イライラ棒を知ってるおっさん達なら、一瞬で理解できるシステム

が、ゲーム性どうこうの話は置いておき、注目するところは他にあるだろう

そう、ゴール少し手前の通路細すぎない?って言う事だ
子猫をドラッグしながら先に進むのだが、この通路が猫の体のサイズより少し大きい程度で、少しでもぶれるとぶつかってしまう
イライラ棒と違い一度ぶつかっても死亡ではないので、その点では優しいのだがステージの難易度は高め

No-0004.png
ステージが進むと、動く床や動く壁に敵も出現しだして、とにかく画面がうるさい

No-0005.png
ぶつかると画面にノイズが走り、画面が点滅する。
ポリゴンショックを経験したことない今時の若い子は気を付けたほうが良い
油断していると、意識を持っていかれるぞ。
因みに俺はポケモンを見てなかったので、ポリゴンショックで学校が休みになったと言う事しか知らない
当時ポリゴンが好きで好きでたまらなかった少年少女達の多くは、悲しい思いをしたと思う。
あんなことする奴じゃなかったのに・・・

全体的にサイケデリックと言うのか、不思議なステージ背景が多く
レビューでもインフルエンザの時に見る夢のようだと、懐かしくも安心する背景に評価の声が多い
異常な速さで上昇していく難易度のステージをクリアしていくと、とあるステージでイベントが始まる。

No-0006.png
FFシリーズのメッセージウィンドウを使用した猫達が会話を始めた
なんとこの猫ボイス付きである
人間の声による物ではなく、機械音声で感情のこもってないボイスが再生される。
一人で夜聞いていると、徐々に恐ろしくなってくる

この後何が始まるのかと言うと、ボス戦である。
No-0007.png
ここではステージをクリアするのではなく、ボスの体力を減らせば勝ち・・・なのだが
残念ながら最初のプレイではボスを倒すことは叶わなかった
いずれリベンジしたいとは思っているが、今回はここまで

少しでも気になった諸君は、是非ともボスを倒してその先の世界を体験してみて欲しい
願わくば、正気で現世に戻ってこれるように

と、いう事で今回はpussのご紹介でした
どんなゲームか少しでも伝わっただろうか?実感も手ごたえも全くないが大丈夫か?

大丈夫だ!問題ない!

今回の記事はここまで。良かったらランキングサイトへワンクリックお願い!
にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へにほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ
で目立てるように応援する。

こっちもよろしくね!
【更新報告Twitter】
https://twitter.com/ajunesan
【各種リンク】
steamキュレーターでお勧めゲームをたまに紹介
参加はご自由に!
https://store.steampowered.com/curator/36627009/
【ディスコードグループ】
参加はご自由に!
たまにゲームやる人を募集したりするかも?
https://discord.gg/A4vNS7C

この記事へのコメント

最近の記事

最近のコメント

人気記事